古物営業法の一部改正について 


 令和2年4月1日から古物営業法が改正され、都道府県単位の許可が全国統一の許可に変わります。
 これに伴い、申請等に使用する様式や手続の方法が変更されています。
 詳しくは、古物商等の許可申請についてのページをご覧ください。


 以下、改正法の概要等です。 

 平成30年4月25日、古物営業法の一部を改正する法律(以下「改正法」という。)が公布され、
改正法中、
  ○ 欠格事由の追加
  ○ 簡易取消の新設
  ○ 仮設店舗における営業制限の緩和
等に関する規定が、同年10月24日に施行され、
  ○ 許可単位の見直し
等に関する規定が、令和2年4月1日から施行されます。


 主たる営業所等の届出(令和2年4月1日以降も引き続き営業を営もうとする全ての古物商及び古物
市場主の方に必要な手続き
です。別添資料の3をご参照ください。)の期日は、令和2年3月31日ま
でとなっておりますので、お済みでない方は手続をお願いいたします。
  
※ 主たる営業所等届出をしなかった場合、又は、主たる営業所等届出後、全面施行までに届出内容に
 変更があった場合は、全面施行後、現在の許可が失効してしまいます。(主たる営業所等届出の内容
 に変更があった場合は、再度、届出が必要となります。)


古物営業法が変わります(画像) 古物営業法の一部改正

※画像をクリックするとPDFで表示します。(4.22Mbyte)



別添資料

改正法の概要 (99kbyte)pdf
改正規則の内容 (70kbyte)pdf
主たる営業所等の届出について (792kbyte)pdf
非対面取引における本人確認のための措置について (68kbyte)pdf

お問合せ先

部署: 福岡県警察本部 生活保安課
電話番号: 092-641-4141
 

PAGE TOP