鉄道警察隊の紹介 発足、沿革 鉄道警察隊は昭和62年4月1日、旧日本国有鉄道の分割民営化に伴う鉄道公安制度の廃止により発足されることとなりました



活動内容 鉄道警察隊は、博多駅の南側に拠点となる本部を置き、県内全域の鉄道施設で制服隊員による列車内パトロールや鉄道施設での警戒活動、私服隊員による列車内の性犯罪等検挙活動、列車利用の暴力団関係者への職務質問をおこなっています


鉄道を通じた広報啓発活動 鉄道施設内で発生する性犯罪の抑止や、情報提供を呼び掛けるため、新学期ごとに行う駅構内でのキャンペーン、鉄道事業者に対する通報要領講習会や訓練、各種団体と連携した広報啓発活動、中学校や高校での性犯罪抑止教室などを実施し、寄せられた情報を元に検挙した事例も多くあります

活動範囲 県内の鉄道施設や路線は、それぞれの警察署が管轄していますが、鉄道警察隊は県内すべての鉄道路線、列車内を活動の対象とし、警察署の支援を行っています。また、国家公安委員会が定める移動警察規則を根拠に、列車内パトロールは県外にも及んでおり、他県警察の鉄道警察隊員も福岡県へ乗り入れを行っています。


トップページに戻る

お問合せ先

部署: 福岡県警察 鉄道警察隊
電話番号: 092-473-4811
 

PAGE TOP