申請による運転免許の取消し手続き(免許の自主返納)


 
申請による運転免許の取消し手続き(免許の自主返納)
制度の趣旨  申請による運転免許の取消し手続き(免許の自主返納)は、高齢等の理由により自動車等の運転をやめ、有効期限内の運転免許証を返納したいという方が、公安委員会に申請して免許を取り消す制度です。

 ※ 運転免許証の有効期限が切れている方は、申請できません。
受付場所 〇 福岡、北九州、筑豊、筑後の自動車運転免許試験場
  (ゴールド免許センターでは受け付けてません。)

〇 県内の警察署交通課(交番、駐在所では受け付けてません。)

〇 警察本部運転免許管理課
受付時間 月曜日~金曜日 9時00分から16時00分

(土曜日、日曜日、休日及び年末年始は受付していません。)
申請者 福岡県内居住で、免許を受けている本人に限ります。

 ただし、申請者本人が、病気等の理由により窓口に赴くことができない場合は、本人の意思確認が必要になりますので、警察本部運転免許管理課又は最寄りの警察署の交通課にお問い合わせください。
申請の種類 〇 全部取消し(免許証返納)
  受けている免許の全部を取り消す申請です。

〇 一部取消し(免許証の作成替え)
  受けている免許の一部を取り消す申請です。
  (下位免許のみの取り消しの申請はできません。)

 ※ 一部取消しを行い、下位免許を受けたい場合
   取消しの申請をする場合、受けていない下位免許を受けられます。

   例
    ・ 大型免許を取消し、普通免許を新たに受ける。
    ・ 中型免許を取消し、原付免許を新たに受ける。
   (免許証交付手数料が必要になる場合があります。)
作成替え免許証の交付
(一部取消しの場合)
 一部取消し又は下位免許を受けたい場合は、免許証を作成替えします。
 
 ・ 試験場で申請した場合は、即日交付します。
 ・ 試験場以外で申請した場合は、概ね2週間後に交付します。
注意事項  申請により運転免許を取消し、手続き後に免許が必要となった際には、新たに免許試験を受験して、試験に合格しなければなりません。

 ※ 試験の一部免除の適用はありません。
リンク ※運転経歴証明書の申請手続きはこちら
 「運転経歴証明書の交付申請」

※免許証を自主返納した方への支援は、福岡県庁ホームページをご覧ください。
 「運転免許証を返納された高齢者に対する支援サービスの紹介」