署長から区民の皆様へ 上半期の治安情勢


  八幡東警察署管内住民の皆様へ

 暑中お見舞い申し上げます。

 7月から8月にかけて北九州の町では各地で山笠行事等のお祭りが行われており、私も先日、八幡中央祇園山笠と前田祇園山笠を見て参りました。

 太鼓の競演、豪華絢爛な人形飾り山笠の迫力に圧倒されるとともに、お祭りを通じて地域の方々の絆を強く感じ、こうした絆で地域の秩序が保たれ、安全で安心な街づくりにつながっていることを実感しているところです。


 さて今回は、八幡東警察署管内(八幡東区)における上半期(1月~6月)の治安情勢についてご報告をさせていただきます。

 暫定値ではありますが、犯罪(刑法犯)の認知件数は、206件で昨年同期に比べると21件の増加となっています。一方、検挙人員は106人で昨年と比べると20人増えました。

 発生した犯罪を罪種別に見ますと万引等を含めた窃盗事件が増加している一方でニセ電話詐欺は半減しています。

 性犯罪や声かけ・つきまとい等の前兆事案は減少していますが、夏場に多く発生する犯罪なので気をつけてください。

 県警の3大重点目標の1つであります暴力団の取締り状況については、暴力団組員1名、親交者8人を検挙しています。

 次に交通関係ですが、負傷を伴う交通事故は、178件で前年の253件に比べると大きく減少しています。

 飲酒運転による交通事故は発生していませんが、飲酒運転の検挙件数は昨年より3人増えて5人となっています。

 警察署としましては、飲酒運転撲滅の気運を風化させないように、また、交通事故が1件でも減るように今後も安全教育や指導取締りを強化してまいります。

 なお、当署管内における交通指導取締りの指針はホームページに掲載していますので参考にしてください。

 最後に災害関係については、6月7日、北九州地区に大雨洪水警報が発令されたことに伴い、警察署に警備連絡室を設置しましたが、八幡東区内の被害は見られませんでした。九州地区の梅雨明け宣言はありましたが、今後も台風等の襲来に備え、最大級の警戒を行ってまいります。
 

 八幡東警察署では、「犯罪を限りなく0に近づける。」を合言葉にして、下半期もパトロールや職務質問の強化による犯罪の抑止活動など署員一丸となって頑張ってまいりますので、引き続きご理解とご協力のほどよろしくお願いします。

                         八幡東警察署長 望月聖史


署長から区民の皆様へ
 

お問合せ先

部署: 福岡県 八幡東警察署
電話番号: 093-662-0110
   

PAGE TOP