過激派とは?


1 過激派について


(1)過激派ってなに ?

過激派のデモ風景

過激派は、「革命のため」と称して、爆弾や時限式発火装置を使用した凶悪なテロ、ゲリラ事件を引き起こし、平和で自由な社会を暴力で破壊・転覆しようと企てている極めて反社会的な集団です。
過激派は、昭和32年に誕生して以来、火炎ビン等による街頭での武装闘争、連続企業爆破等の爆弾事件、過激派同士の陰惨な殺し合い(いわゆる内ゲバ)等の過激な行動を繰り広げてきましたが、現在でもその主義主張に変化はなく、暴力による革命を目指し、その機会を虎視眈々と狙っています。


(2)どんな集団があるの ?

過激派は、その結成や信奉する理論等から、「中核派」、「革マル派」、「革労協」等様々の集団(セクト)に分かれており、その勢力は、昭和44年の約5万3,500人をピークに、その後減少したものの、現在でも約2万人の勢力があると見られています。

過激派秘密アジト発見にご協力を!!(3)へ「過去のテロ・ゲリラ事件」へ