心のリリーフ・ラインのご案内

犯罪被害者相談電話
「心のリリーフ・ライン」のご案内


心のリリーフライのご案内画像

◆ 被害後の警察における手続の流れ ◆

【届出】

《被害にあった場合には届出を》
 「被害にあったことを周りの人に知られたくない」「面倒なことになるのがいやだ」などの理由で届出をためらう気持ちになることもあるかもしれません。しかし、あなたの今後の安心のために、どうぞ届出をお考えください。


【捜査】

《被害の状況や犯人についてお聞きします》

 ショックや緊張のため、質問に的確に答えられないこともあります。思い出したくないことや、辛いこともあるかもしれませんが、どうぞゆっくりとお話しください。


《プライバシーは守ります》

  • 事情聴取の場所
    現場・交番・警察署などでお話をお聞きします。少しでも気持ちの落ち着ける部屋でお話をお聞きできるように努めています。
  • 性犯罪の被害にあわれた方へ
    ご希望により女性の警察官がお話をお聞きするよう努めています。

《証拠品の提出》

 証拠品を提出していただく場合があります。捜査が終われば速やかにお返しします。


《実況見分への立会》

 現場での状況説明に立ち会っていただくことがあります。


《アフターケア》 ~ 犯罪被害者等の心のケア・「心のリリーフ・ライン」の紹介等

 被害にあった後の不安や悩みなど、相談内容に応じてアドバイスをさせていただきます。心のケアについては、「心のリリーフ・ライン」をご紹介します。


【検挙】

《捜査の経過、検挙等の連絡》

 捜査状況、犯人の逮捕、検察庁への送致などについて警察から連絡します。

   

PAGE TOP