福岡県警察音楽隊の紹介

 

 福岡県警察音楽隊は昭和25年に15名で発足、現在は隊長以下38名(カラーガード7名を含む)の隊員で編成しており、県民の皆様と警察の懸け橋として、県内各地で開催される「暴力団排除運動」、「地域安全運動」及び「小・中・高校での交通安全・防犯教室」などでの演奏活動を通じて、県民の皆様とのふれあいの輪を広げています。

 

カラーガードは昭和62年に発足、女性警察官で編成されており、音楽隊とともに、交通・防犯教室やドリル・パレード等で活動し、カラフルでスピーディーな演技を披露しています。

(カラーガードとは、国旗・県旗・警察旗・大会旗等のシンボル旗を護る者という意味です。)








このページでは、一部にAdobe Flashを使用しています。
ページ上部でスライドショーが表示されない方は、左のアイコンをクリック
して、Adobe Flash Player をインストールしてください。