福岡県警察

 このホームページについて セキュリティポリシー サイトマップ
翻訳(EnglishKoreanChinese
文字のサイズ
縮小標準拡大
サイト内検索

現在位置:HOMEの中の生活安全の中のサイバー犯罪対策課から詐欺の最新事情

詐欺の最新事情


          詐欺の最新事情


   こんな事例が 
  ワンクリック詐欺
   
 公的機関をかたる偽サイトが表示されて、送金を要求してきます。

  サポート詐欺
  
 「ウイルス感染!」などと不安をあおって、
偽のサポートセンターに電話をかけるように誘導します。

  偽サイトに注意

 偽サイトかどうか見分けるポイントがあります。




※大手通販サイト経由で「出品」されている商品を購入される際も注意が必要です!





  オンラインショッピング(ネット通販)を利用するときに気をつけることは? 
 まず注意したいのが、実在するショップやブランド品販売業者を偽サイトの存在。
 また、Amazon、楽天、Yahoo!などの有名ショッピングモール上でも、「出店」でなく「出品」の形での商品の販売や、オークションや“フリマ”などの個人間の取引に関するトラブルも発生しています。
 


  不正アクセスされるとどうなるの?  

  サイト内に「特定商取引に関する表示」がない
    (会社名・所在地・電話番号・責任者の氏名が義務づけられています)

  支払い方法の選択肢が銀行振込みのみである

  振込先が企業名ではなく個人名になっている

  決済ページがSSL(暗号化信号)になっていない

  商品の価格が極端に安い

  連絡先にフリーメールのアドレスを使っている

  ※買い物の際は、上記のポイントを確認して、信頼できる安全なサイトを利用しましょう。
   初めて利用するサイトでは、支払い方法は前払いではなく、代引きによる郵送形式を選ぶなど
   の自衛策をとるようにしましょう。





  あやしいサイトを見なければ詐欺にひっかかることはない? 




たしかに、あやしいサイトへはアクセスしないのが一番。
でも、「不審なサイトへアクセスしなければ大丈夫」という考えは過去のもの。
クリック先の危険に注意して、サイトを閲覧しましょう。

※金融機関が口座番号・パスワード等の個人情報をメールで尋ねることはありません。

  いつものサイト・いつものSNSにも注意!

 以前は、アダルトサイトや出会い系サイトにアクセスすると「登録完了」と表示され、利用料金を不当に請求されるという事例が多かったのですが、最近は、正規サイトやサービスを利用していても、不正広告などによって詐欺サイトへ誘導したり、検索サイトや友人からのメッセージを装ったSNSの書き込み等から誘導する手口が増え、誰もが被害に遭う可能性が高くなっています。



  詐欺被害を防ぐには? 
 
  あやしいサイトには最初からアクセスしない

  メールやSNSなどに記載されたURLや画像を安易にクリックしない

  不当な請求の画像が現れても、あわてずに無視する

  サービスを利用する際には利用規約を必ずよく読む

  セキュリティソフトやアプリ、OSはいつも最新のバージョンに更新して利用する。





前のページに戻る
 




お問せ先

部署: 福岡県警察本部 サイバー犯罪対策課
電話番号: 092-641-4141

前ページに戻る

Copyright (C) 2010 Fukuoka Prefectural Police. All Rights Reserved