不正アクセスの危険から身を守ろう


  不正アクセスの危険から身を守ろう!



  不正アクセスとは? 
 悪意ある第三者が詐欺行為や個人情報の取得などを目的に、他人のIDやパスワードを悪用したり、不正にコンピュータに侵入することです。
 
 不正アクセス行為の手口は、年々、巧妙化・深刻化しており、私たち一人ひとりがしっかりと個人情報を管理して、被害を防いでいく必要があります。
 


   こんな事例も 
  アカウント乗っ取りによる詐欺
  
 知り合いをよそおったショートメッセージで、電話番号や認証番号などをたずねてきます。

  フィッシング
 
 公式サイトにそっくりな画面に誘導されています。
 ここに個人情報を入力すると、悪用されています。



  「フィッシング」って何? 


利用者に、銀行などの正規のウェブサイトや電子メールであると認識させて、ID・パスワード、氏名、口座番号、電話番号などの個人情報を入力される手口があります。

※金融機関が口座番号・パスワード等の個人情報をメールで尋ねることはありません。



  不正アクセスされるとどうなるの?  
 不正アクセスによって、インターネット上のサービスが乗っ取られ、さまざまな犯罪に悪用されることがあります。
  インターネットバンキングでの不正送金

  インターネットショッピングでの不正購入

  オンラインゲーム、コミュニティサイトの不正操作

  メールの盗み見等の情報の不正入手

  知人になりすましての情報発信

  ウェブサイトの改ざん・消去




  不正アクセス防ぐためには・・・?  
  推測されやすいID・パスワードを使わない・使い回さない
 
  セキュリティソフトは最新のバージョンに更新して利用する


  メールのリンク先を不用意にクリックしない

  送られてきたメールやメッセージが本物かどうか、
  あやしい時には直接確認する


  
IDやパスワードを入力する時は正規のウェブサイトであるかどうか、
  暗号化通信(https)になっているかどうか確認する







前のページに戻る