【フィッシング110番】

「フィッシング」とは


  個人情報を騙し取ることを目的として行われます。  
  金融機関(銀行やクレジットカード会社)などの企業を装った電子メールを送り、電子メールのリンクから偽サイト(フィッシングサイト)へ誘導して個人情報を入力・送信させる行為です


<入力・送信させようとする個人情報の例>

  • クレジットカード番号、キャッシュカード番号、暗証番号
  • 住所、氏名、電話番号
  • オークション、プロバイダ、電子メール等のID・パスワード

 個人情報を騙し取られると、無断で現金を引き出されたり、本人になりすまして不正な取引に利用されたりするなど、犯罪被害に遭う可能性が高くなります。
 またフィッシングは、実際にこのような被害に遭うまで、個人情報を騙し取られたことに気付かないなど、潜在化する傾向にあります。
 個人情報を問い合わせる不審な電子メールやサイトには十分注意しましょう。


「フィッシング」に関する情報提供をお願いします


 次のような場合には、サイバー犯罪に関する情報提供のお願い まで情報提供をお願いします。

 ● フィッシングをしている偽のホームページを見つけた!
   → ホームページのアドレスを教えてください。
 ● フィッシングと思われるメールが来た!
   → メールの題名、内容、リンク先等を教えてください。
 ● フィッシングの被害に遭ってしまった!
   → 被害の状況について教えてください。

フィッシング対策協議会  

  


「ファーミング」にもご注意下さい 

 悪意を持つ者が不正な手段を講じることにより、一般利用者が正しいURLでホームページを閲覧しても偽のホームページに誘導される 「ファーミング(Pharming)」と呼ばれる事案も海外で発生しています。

  日頃から、金融情報など個人情報を入力するページでは、ブラウザにSSL通信を示す「鍵のマーク」がロックされた状態で表示されているか確認することと、「鍵のマーク」をクリックしてホームページが正規の企業のものか確認することを習慣づけるよう心がけて下さい。