福岡県警察犯罪予防研究アドバイザー制度


【制度の概要】

  福岡県警察では、防犯に配意した環境整備を実現するため、都市計画学や建築学等について専門的な知識を有する研究者を「福岡県警察犯罪予防研究アドバイザー」として委嘱し、犯罪の傾向や地理的要因について調査研究を行う制度を平成26年11月から開始しています。集合写真
警察本部長による委嘱式


【アドバイザーの任務】

〇 防犯環境の整備を推進する施策にかかる助言に関すること
〇 犯罪予防の調査、研究に係る助言に関すること
〇 警察職員の防犯環境に関する知識、技能の向上に関すること
〇 その他「犯罪の起きにくい社会づくり」に資する活動に関すること


【福岡県警察犯罪予防研究アドバイザー】




【研究成果】

研究成果報告書(概要版)  (11,698kbyte)pdf
 
研究成果報告書