福岡県警察

 このホームページについて セキュリティポリシー サイトマップ
翻訳(EnglishKoreanChinese
文字のサイズ
縮小標準拡大
サイト内検索

現在位置:HOMEの中の防犯情報コーナーの中の犯罪ごとの対策から自動車盗対策

自動車盗対策


自動車盗の発生状況

  福岡県内の自動車盗難の発生件数は、平成14年(約5千件)をピークに減少傾向にあります。
平成28年中は188件と前年同期比で78件減少しており、都道府県別の盗難状況をみてみる
と全国ワースト第15位となっています。

 自動車盗認知件数の推移

自動車盗の特徴


1 64%がキーを抜いた状態で盗難!

 自動車盗に遭った時のエンジンキーの有無を見てみるとすぐに戻るつもりでエンジンキーを付けたまま車から離れて被害にあう割合は全体の36%、それ以外の64%はエンジンキーは抜いた状態で盗難にあっています。

キーの状況

2 約6割が午後4時から午前0時までの間に盗難!

平成28年中の被害時間帯は、午後4時から午前0時頃までの被害が全体の約6割を占めています。

被害時間の内訳

あなたの愛車を守るために

『夜、帰宅し駐車場にエンジンキーを抜いて確かに駐車したのに、次の日の朝、仕事に行こうと思ったら車がなかった・・・』『すぐそこだからとエンジンをかけたまま買い物へ行き、数分で戻ってきたら車がなかった・・・』

このような悲劇を防ぐために、愛車の防犯をどのように考えればよいのでしょう。
 ポイントは3つです。

 

1 エンジンキーを抜きドアロック!

 車から離れる時、エンジンキーを抜き、ドアロックをすることは盗難を防ぐ基本中の基本。
 キーを付けたままの駐車は、車を盗もうと物色している窃盗犯にとってこれほど好都合なことはありません。自動販売機でジュースやたばこなどを買う時や、『そこの店でちょっとだけ』の買い物でも窓ガラスは閉め、エンジンキーを抜き、ドアをロックして車から離れましょう。


2 明るく見通しのよい駐車場に!

 窃盗犯は犯行を誰かに見られることを嫌います。
 車を盗もうとコソコソしていると、周りから不審がられて110通報されるかもしれませんから。
 ということは、夜間も明るく見通しの良い駐車場であれば、窃盗犯は近づきにくいことになります。
 防犯カメラやゲートなど防犯設備の整った駐車場であれば、さらに防犯効果は高まります。
 できるだけそのような駐車場を選びましょう。自宅の駐車場には照明や防犯カメラなどを取り付けましょう。 


3 盗難防止装置の搭載を!

 エンジンキーを抜いていたにもかかわらず盗まれた車は、被害全体の約7割にのぼります。
 そこで、盗難防止装置を搭載することが被害防止に効果を発揮します。
 IDコードが一致するキーでなければエンジンがかからないイモビライザや、不正に自動車をこじ開けようとすると大音量の警報が鳴り出す警報装置など車を狙っている窃盗犯に対しいくつものバリアーを張っておくことが必要です。



◆ 盗難防止装置にはどんなものがあるの? ◆

 それでは、車の盗難防止装置にはどんなものがあるのでしょうか。代表的なものを例示しました。それぞれ市販されていますのでメーカーや専門店にお問い合わせ下さい。


★ イモビライザ

 専用キーから発信される複雑な暗号(IDコード)を車両本体内のコンピューターで照合し、IDが一致しないとエンジンがかからない盗難防止装置です。
 専用キーにトランスポンダ(送信機)のIDコード埋め込まれているので鍵の偽造が難しく、単に鍵山の形状が同じコピーキーを作ってもエンジンをかけることができません。
 車を購入する時は、イモビライザを搭載した車を選択することをおすすめします。 

 



★ スマートキー

 スマートキーは携帯することで、ドアの施錠・解錠・エンジンの始動などができるものです。
 スマートキーを携帯し、スタートボタンを押すことなどでエンジンがかかります。
 スマートキーに登録されているIDコードの認証を行うシステムで、車に鍵穴が存在しないため、窃盗犯が車内に侵入することを困難にします。


★ カーアラーム(警報装置)

 カーアラームはドアやガラスを破壊したり、無理やり移動せたりするなど車両への干渉があったときに音声や光で警報を発するものです。
 周囲に警報が発せられるため、短時間で目撃されないように犯行を行う窃盗犯に対し、犯行を断念させる効果が期待できます。
 


★ 位置情報検索装置

 車両にGPSなどを利用した小型発信機を装備し、盗難に遭ったとき車両の位置を特定できる装置です。
 警報系装置と連動するものや、リモコンで車の状態をモニターできるタイプもあります。


大切な車を守るために十分な防犯対策をとりましょう。



お問せ先

部署: 福岡県警察本部 生活安全総務課
電話番号: 092-641-4141

前ページに戻る

Copyright (C) 2010 Fukuoka Prefectural Police. All Rights Reserved