福岡県警察

 このホームページについて セキュリティポリシー サイトマップ
翻訳(EnglishKoreanChinese
文字のサイズ
縮小標準拡大
サイト内検索

現在位置:HOMEの中の防犯情報コーナーの中の犯罪ごとの対策からひったくり対策

ひったくりにご用心!

ひったくりの情報

  平成28年中のひったくり被害の届出は、100件(前年同期比-149件)と減少しているものの、年末から福岡市内を中心にひったくりが発生しています。
 ひったくりは、財産の損失だけではなく、転倒による怪我等も危惧され、注意が必要です。
 また、ひとたび発生すれば狭い範囲で連続発生する可能性もあります。

ターゲットは一人歩きの女性

 

 被害者のほとんどが女性(64%)です。

 時間帯別の被害を見てみると、夕暮れ時から深夜にかけて多発しており、特に注意が必要な時間帯となっています。

 犯人の手口は、バイクや自転車、徒歩で後ろから近づきひったくるものがほとんどです。

時間帯別発生状況年齢別発生状況

スキを与えない工夫を

 被害を防ぐために、次のような工夫が必要です。

1 バッグは車道と反対側に持ちましょう!

 バッグは車道と反対側に持ちましょう。
 いつでも油断は禁物です。

2 バッグの持ち方を工夫しましょう!

 盗まれにくいバッグを選び、バックの持ち方も工夫しましょう。

3 人通りの少ない道、暗い道では周囲に注意を払いましょう!

 後ろからバイクや自転車の音が近づいてきたら、後ろを振り返ったり、バッグを抱えて道路脇に止まり、通り過ぎるのを待つなど用心しましょう。
 面倒でも、人通りの少ない道や暗い道は避けましょう。

4 自転車の前カゴには、防犯ネットを付けましょう!

 荷物の上に、大きめの雑誌を載せるだけでも効果があります。


被害に遭ったら

 大声や防犯ブザーで近くの人に知らせ、犯人の人相や、着衣、逃走方向、バイクなどのナンバーなどを110番して下さい。
 防犯ブザーはお近くの電気店などでお求め下さい。(500円~2,000円くらい)
 福岡県防犯協会連合会や各地区の防犯協会でも有料で斡旋しています。

                                      

現金以外の被害も

 ひったくりの犯人は、盗んだバックの中身を利用して、

  1. キャッシュカードで現金を引き落とす。
  2. クレジットカードで買い物をする。
  3. カギを使ってあなたの家に侵入する。
  4. 名刺や保険証を使ってあなたになりすます。
  5. 「携帯電話を拾った」といってあなたに近づく。

といった犯罪を犯すケースがあります。
 また、携帯電話やキャッシュカードなどを再購入・再交付する場合には、費用や手間・時間がかかるなど、被害品の原状回復には大変な労力が必要となります。


お問せ先

部署: 福岡県警察本部 生活安全総務課
電話番号: 092-641-4141

前ページに戻る

Copyright (C) 2010 Fukuoka Prefectural Police. All Rights Reserved