福岡県警察

 このホームページについて セキュリティポリシー サイトマップ
翻訳(EnglishKoreanChinese
文字のサイズ
縮小標準拡大
サイト内検索

現在位置:HOMEの中の相談・問い合わせコーナーの中のQ&Aコーナーの中のこんなときどうするの?から悪質商法あれこれ(悪質セールスマン撃退10箇条)

悪質商法あれこれ(悪質セールスマン撃退10箇条)

悪質セールスマン撃退10箇条
1しっかり聞こう、身分と用件 悪質業者は、身分を偽ったり、販売の意図を隠したりする場合があります。相手のペースにはまらないことが大切です。
2おかしい!と思ったときはドアを閉める 悪質業者は、家の中に入り込む隙を狙っています。うかつにセールスマンを家に入れないようにしましょう。
3「もうかりますよ」そんな言葉にご用心 うまい話は、世の中そんなにあるものではありません。「うますぎる話は、悪質商法だ」と疑ってかかりましょう。
4あやしいぞ、人のふところ聞く業者 悪質業者は、預貯金を根こそぎ、絞り取ろうと狙っています。財産の話を他人にしないようにしましょう。
5勇気を出し、はっきり言おう、「いりません」 中途半端な態度は、相手につけ込まれるだけです。毅然とした態度を示しましょう。
6しつこいな、そんな相手は、110番 しつこい勧誘に根負けして契約してしまったという人がいます。あまりにしつこいときは110番しましょう。
7迷ったら、一人で悩まず、まず相談 セールスマンの言うことを鵜呑みに契約することは後悔のもとです。第3者の意見に耳を傾けるようにしましょう。
8サインした後でしまった、もう、遅い 悪質業者は、口で言うことと契約書に書いてあることが、違っています。サインは、よく契約書を読んでからにしましょう。
9契約は、してもお金は後払い 契約の場で全額を払ってしまえば解約できなくなることがあります。お金を払うのは、本当に必要なものか、冷静に考えた後にしましょう。
10あなた自身です!自分の財産守るのは 自分だけは大丈夫と思ったときには、“心の隙”ができています。相手は、騙しのプロ、決して油断は出来ません。

お問せ先

部署: 福岡県警察本部 生活経済課
電話番号: 092-641-4141

前ページに戻る

Copyright (C) 2010 Fukuoka Prefectural Police. All Rights Reserved