専門捜査官IN EACH SPECIALIZED
FIELD INVESTIGATORS

警察庁採用案内

採用に関するお問い合わせ 092-622-0700
福岡県警察本部 警務課採用センター 〒812-8576 福岡市博多区東公園7番7号

専門捜査官

国際化や情報化が進む現代社会において多様化する事件・犯罪を、各分野の専門知識でサポートするのが専門捜査官です。
福岡県警の専門捜査官は「経済」、「語学」、「情報工学」の3分野。知能犯罪、外国人犯罪、サイバー犯罪など、それぞれの専門的な知識と分析力で事件の解決に貢献します。

■ 経済 ■ 語学(英語、北京語、韓国・朝鮮語) ■ 情報工学



生活安全部 サイバー犯罪捜査課 特別捜査係 平成17年採用 巡査部長

前例がなくても、あきらめない。専門知識と熱意で挑む。
■ 生活安全部 サイバー犯罪対策課 特別捜査係 平成17年採用 巡査部長

小学生の頃から警察官を目指していたのですが、大学で所属していたサークルのサーバーが不正アクセスを受けたことで、コンピュータに関わる犯罪を取締りたいと強く想うようになりました。現在は、他人のID・パスワードを使った不正アクセスや、コンピュータウイルスを用いた犯罪の捜査をはじめ、インターネット上での名誉毀損や違法薬物の広告、わいせつ画像の掲示など、あらゆるサイバー犯罪の取締りを行っています。サイバー犯罪の取締りには、専門知識やスキルももちろん必要ですが、パソコンと向き合うだけでは解決しない問題もあります。何よりもその奥にいる「人間」の実像に迫ることが大切で、そのためには総合的な捜査力を身に付けなければなりません。また、サイバー犯罪は前例のない新しいケースも多いので、「どのように犯罪を立証しなければならないか」ということを考え、実行していかなければなりません。情報処理の技術も日進月歩であり、専門知識については、常に最新のものをインプットしておく必要 があります。労力を費やしても、なかなか思うような結果が出ないときもありますが、あきらめずに挑み続けることが、事件の解決・犯罪の防止へとつながっていきます。努力を重ねて事件を解決できたときには、他では得られない達成感を味わうことができます。前例がないからと立ち止まるのではなく、自らが最先端の捜査を切り開く。それは難しくもあり、同時に大きなやりがいも感じられます。私はこれからも、事実解明と事件解決に向かって挑み続けていきます。


生活安全部 サイバー犯罪捜査課 特別対策課 平成17年採用 巡査部長
VARIATION

専門捜査官の3つの業務

[経済]
経理に必要な簿記の資格や知識を活かし、悪徳商法をはじめとする経済事犯や贈収賄事件などの知能犯罪などにおいて、財務分析などの捜査に取り組みます。

[語学]
卓越した語学力や国際感覚を武器に、外国人が関係した事件・事故を解決へと導きます。

[情報工学]
加速する高度情報化を背景に、最先端の情報通信技術・知識を活かし、多様化するサイバー犯罪に挑みます。


Copyright © Fukuoka Prefectural Police. All Rights Reserved.