警察組織

  • 警察学校
  • 地域警察
  • 生活安全警察
  • 交通警察
  • 刑事警察
  • 暴力団対策
  • 警備警察
  • 総務・警務
  • 専門捜査官
  • 警察行政

警察庁採用案内

生活安全警察「子どもたちを正しい道へ。一人一人を力強く支えたい。」

【生活安全部の所属】

生活安全総務課 子ども・女性安全対策課 少年課
生活保安課 生活経済課 サイバー犯罪対策課

県民の身近で発生する犯罪を抑止し、平穏な生活を守っているのが「生活安全警察」です。
性犯罪やニセ電話詐欺などの犯罪予防活動のほか、社会問題化しているストーカーやDV、児童虐待などへの対応、風俗営業等の規制、ヤミ金などの生活経済事犯やサイバー犯罪の取締り、少年の非行防止や健全育成など幅広い活動を行っています。
こうした活動を通じて、地域社会と協力しながら安全で安心して暮らせる社会の実現を目指しています。

大牟田警察署 生活安全課 少年係 巡査部長(平成23年採用)

未成年者が犯した窃盗や傷害などの少年犯罪への対応のほか、児童ポルノ・児童買春など子どもたちが被害者として巻き込まれた犯罪にも対応しています。また、非行に走った子どもたちを更生させる「立ち直り支援」も大切な仕事です。
ここ数年で特に多い事案は児童虐待。「面前DV」という子どもの前で夫婦間の暴力が行われ、それが心理的な虐待になっているというケースも多いです。こういった場合は子どもの安全を第一に考え、安心して生活が送れるように児童相談所で保護するなど連携して対応しています。
家庭環境に恵まれていない子どもたちと接することも多いので、これから成長していくにあたり、間違った方向に進まないようにしてあげたいといつも思っています。
子どもたちは何か新しい目標が見つかるとすごく変わっていくので、そのきっかけづくりをするということにも配意しています。
これまでに対応した子どもたちから連絡をもらうこともあるのですが、「今ちゃんと仕事してますよ」なんて話を聞けると心から嬉しく思いますし、やりがいを実感できる瞬間でもあります。

PICK UP!

人身の安全に関わる重要な業務。
それだけやりがいにもつながります。

子ども・女性安全対策課 ストーカー・DV対策係 巡査長(平成23年採用)

中学生の頃に女性警察官が活躍するテレビ番組を観て以来、ずっと憧れていました。
現在の部署では、ストーカーやDV事案を担当。
被害者から受理した事案の危険性、切迫性を判断し、被害者やその家族の安全を確保したり、加害者への警告や逮捕等の対応を考えたりします。
ひとつひとつの判断が難しいといつも思いますが、不安そうにされていた方が笑顔になられたときには、大きなやりがいを感じます。