暴力団対策ORGANIZED CRIME CONTROL

警察庁採用案内

採用に関するお問い合わせ 092-622-0700
福岡県警察本部 警務課採用センター 〒812-8576 福岡市博多区東公園7番7号

暴力団対策

暴力団や外国人犯罪組織などによる凶悪化・多様化する組織犯罪に敢然と立ち向かうエキスパート集団です。県民生活の安全を脅かし、行政や経済を蝕むなど、社会の健全な発展を阻害する大きな要因となっている暴力団犯罪のほか、組織的な薬物及び銃器の密輸・密売や外国人による組織犯罪に果敢に立ち向かい、犯罪組織の壊滅を目指します。

[暴力団対策部の所属] ■ 組織犯罪対策課 ■ 暴力団犯罪捜査課 ■ 北九州地区暴力団犯罪捜査課 ■ 薬物銃器対策課

組織犯罪の闇に立ち向かい、 守るべき人と街を照らす。
■ 暴力団対策部 北九州地区暴力団犯罪捜査課 特別捜査係 平成20年採用 巡査長

北九州地区暴力団犯罪捜査課では、暴力団による組織犯罪の捜査などを行っています。組織犯罪は手口が年々巧妙化し、事件の真相に辿り着くためには、聞き込み捜査や防犯カメラ映像の精査など、あらゆる捜査活動を地道に粘り強く、一歩一歩進めていくことが重要です。捜査を進める中で、困難を極めることも多々ありますが、被害者の無念を晴らすことができたときには、すべての苦労が報われ、警察官として、また刑事として、大きなやりがいと達成感を感じることができます。福岡は他県と比べても発砲事件など暴力団関連の事件が少なくありません。警察官としての誇りと使命感にかけて、「県民と街を必ず守る」という強い意志を持ち、これからも暴力団の壊滅、組織犯罪の撲滅を目指し、挑み続けます。

■ 暴力団対策部 北九州地区暴力団犯罪捜査課 特別捜査係 平成20年採用 巡査長

犯罪組織の壊滅を目指し、 全力で事件に立ち向かう。
■ 飯塚警察署 刑事第二課 薬物銃器係 平成19年採用 巡査部長

覚醒剤や麻薬などの禁止薬物の取締りや、拳銃などの銃器の摘発に関わる捜査に従事しています。最近では危険ドラッグの使用が急増しているため、その取締りも徹底して行っています。薬物使用者は、罪を逃れたいという意識から、何をしてくるか分かりません。そのため、薬物に関する専門的な知識はもちろん、どんな状況下においても冷静に対応できる力や、犯罪は絶対に許さないという強い精神力が必要です。また、薬物使用事案には女性の被疑者も多く、捜査には女性警察官の力がより必要とされます。取調べをした被疑者が立ち直った姿を目にすると、大きなやりがいを感じます。禁止薬物は犯罪組織の資金源でもあり、被疑者の検挙はもちろん、取調べで犯罪組織につながる有力な情報を聞き出すことも重要な任務です。全力で目の前の事件に立ち向かい、資金源を断って、犯罪組織の壊滅を目指していきます。

■ 飯塚警察署 刑事第二課 薬物銃器係 平成19年採用  巡査部長

Copyright © Fukuoka Prefectural Police. All Rights Reserved.