福岡県警察職員募集2017トップ組織図 / 暴力団対策

暴力団対策

暴力団や外国人犯罪組織などによる凶悪化・多様化する組織犯罪に敢然と立ち向かうエキスパート集団です。県民生活の安全を脅かし、行政や経済を蝕むなど、社会の健全な発展を阻害する大きな要因となっている暴力団犯罪のほか、組織的な薬物及び銃器の密輸・密売や外国人による組織犯罪に果敢に立ち向かい、犯罪組織の壊滅を目指します。

暴力団対策部の所属 組織犯罪対策課 暴力団犯罪捜査課 北九州地区暴力団犯罪捜査課 薬物銃器対策課 国際捜査課
暴力団対策イメージ

犯罪には強い対決意思で、
人には親身に向き合って。
心も体も鍛えられる仕事。

警察本部 暴力団犯罪捜査課 平成19年採用 巡査部長

反社会的勢力に対する取締りを行うのが我々の任務です。罪を犯した暴力団構成員をひとりでも多く検挙し、組の資金源を遮断することで組織の弱体化を図っています。善良な県民を守りたいという正義感の下、どんな強大な悪や暴力にも屈しない「気は優しくて力持ち」の精鋭たちが日々捜査を行っています。警察官という職業は、「悪者を捕まえる正義の味方」として幼い頃から憧れており、14年間続けた柔道のお陰で、強い気持ちで対象者と対峙することができます。
この仕事ができて本当によかったという瞬間は、取調べを通して被疑者が自身の犯した罪を悔い改め、更生を決意してくれた時です。構成員たちを一般社会へと導くことが、安全な街づくりに繋がると考えます。現在の組織犯罪は、巧妙化、潜在化、多様化しています。その犯罪の進化を見逃すことのないよう、日々法令研鑽に努め、強く優しい警察官を目指しています。

Pick up!

「女性刑事」だからこそできる事も多い。
薬物や銃器から市民を守りたい。

博多警察署 組織犯罪対策第二課 薬物銃器係 平成24年採用 巡査部長

教官・在校生メッセージ

覚醒剤や大麻などの禁止薬物や拳銃所持に関する捜査を担当。関わるのは暴力団のような反社会的勢力だけでなく一般の人も多く、覚醒剤事件は女性の被疑者が多いのも現状です。尿検査や取調べの現場で女性警察官は必要不可欠であり、繊細な思いに寄り添えるシーンも多々あります。刑事ってカッコいい、地元で働きたいという単純なきっかけでしたが、女性の私にしかできない現場はやりがいがあります。

教官・在校生
ページのトップへ