警察組織

  • 警察学校
  • 地域警察
  • 生活安全警察
  • 交通警察
  • 刑事警察
  • 暴力団対策
  • 警備警察
  • 総務・警務
  • 専門捜査官
  • 警察行政

警察庁採用案内

刑事警察「地道な努力の先に事件解決がある。被害者のためにも、最後まで諦めない。」

【刑事部の所属】 刑事総務課 捜査第一課 捜査第二課 捜査第三課 鑑識課

科学捜査研究所 機動捜査隊

犯罪捜査のプロフェッショナル集団として、犯罪に果敢に立ち向かい、犯人を検挙、事案の真相を明らかにするのが「刑事警察」です。
社会的反響が大きく、県民が強く不安を感じる殺人などの重要凶悪事件、身近で発生するニセ電話詐欺などの知能犯事件や空き巣などの窃盗事件などを解決して、県民の安全・安心を確保するため、聞き込み捜査、関係者の取調べ、証拠資料の収集・分析、DNA型鑑定など、あらゆる捜査手法を駆使し、犯罪の徹底検挙に向け全力を注いでいます。

久留米警察署 刑事第一課 鑑識係 巡査長(平成18年採用)

鑑識課の主な仕事は、事件現場に残された犯人につながるさまざまな資料を発見、収集することです。
鑑識というと殺人などの重要事件を想像する方が多いと思いますが、空き巣や性犯罪など、さまざまな事案に必要とされるので、休む暇なく現場に赴いています。
常に心がけているのは、誠心誠意ということ。
私が必要になるときは、必ずそこに被害者がいるんです。自分の仕事はその被害者のためにあり、犯人を捕まえることが絶対的な使命。
鑑識活動を通して収集した資料が被疑者を特定し、検挙に結びついたとき、この仕事の意義を感じますね。
しかし、実際の鑑識活動はわずかな付着物を発見、採取してDNA鑑定を行うなど、地道な作業が多いので、忍耐力も必要です。
私は交番勤務の頃に上司から「君は鑑識に向いている」と言われ、希望しました。
警察にはさまざまな職種があるので、きっとみなさんの個性を活かせる仕事に出会えるはずです。

PICK UP!

日々の捜査を通して事件を解決へ。
人と街の安心に貢献していきたい。

南警察署 刑事第一課 強行犯係 巡査長(平成24年採用)

私が所属する強行犯係では、殺人や強盗などの重要凶悪事件などを取り扱っています。
事件発生後の情報収集やその裏付け捜査など事実を究明するためのさまざまな捜査を行います。
体力的にも精神的にもハードな仕事ですが、憧れの「踊る大捜査線」の青島刑事のように市民のために犯罪者を逮捕して、平和な街づくりに貢献していきたいです。