警察組織

  • 警察学校
  • 地域警察
  • 生活安全警察
  • 交通警察
  • 刑事警察
  • 暴力団対策
  • 警備警察
  • 総務・警務
  • 専門捜査官
  • 警察行政

警察庁採用案内

警察学校「警察官への第一歩。一人前の「治安のプロ」を育てる。」

地域の安全を最前線で守る交番員も、悪質交通違反者を取り締まる白バイ隊員も、凶悪事件に立ち向かう捜査員も、みんな第一歩はここ「警察学校」から。
一人前の「治安のプロ」となるため、現場経験豊かな教官の厳しくも愛情あふれる指導の下、志を同じくする同期の仲間と寝食を共にし、絆を深めながら、現場で必要な知識・技能・気力・体力を身につけます。現場で活躍する姿を思い描き日々教養訓練に励む充実した学校生活は、県民の安全・安心の確保という崇高な使命を果たす原動力となるでしょう。

警察学校の1日

6:30起床・国旗掲揚・日朝点呼・体操
一日の始まりは元気な挨拶から。
気持ちの良い朝を迎えて、今日も勉学と訓練に励みます。
7:30朝食・授業準備

仲間と一緒に朝食を食べた後は、授業の準備。万全の体制で、勉学と訓練に臨みます。

9:10授業開始

法学や警察実務のほか、パソコンや心理学などの一般教養、武道、逮捕術、拳銃操法などを学びます。

12:00昼食・昼休み

しっかりと食べて休憩を取り、午後の授業に備えます。

13:00授業開始

午前に引き続き、警察官として必要な訓練に励みます。日々の訓練を積み重ねることで自己の能力を高めていきます。

16:00教科外活動

授業の復習をはじめ、トレーニング、クラブ活動などに打ち込むひととき。

17:30国旗降納・夕食・自主活動

国旗降納で一日を締めくくり夕食へ。食後は授業の復習をしたり、仲間と語らって親交を深めたりします。

23:00消灯・就寝

規則正しい生活こそ、心身を健やかに過ごすための基本。
睡眠をたっぷりとって明日に備えます。

教養プログラム

密度の濃いカリキュラムで、警察官としての「決意」と「使命感」をはぐくむ。

警察学校に入校後は、法学(憲法・刑法・刑事訴訟法など)、実務(捜査・交通など)、術科(柔剣道・逮捕術など)など、警察官として必要な知識や技術を身につけるため教養訓練を受けます。
卒業後は、約3ヵ月間、各警察署での現場実習を行った後、「初任補修科生」として再入校し、よりレベルの高い実戦的な教養を受け、一人前の警察官として磐石な基礎を築いていきます。

入校期間 ●警察官A/(初任科)  6ヵ月、(初任補修科)2ヵ月
●警察官B/(初任科)10ヵ月、(初任補修科)3ヵ月
休日 週休2日制
年間主要行事 ●春・秋/体育大会 ●夏・冬/総合術科大会
主な教科内容 ●一般教養/訓育、英語、心理学、パソコンなど
●法学/憲法、刑法、刑事訴訟法、民法など
●警察実務/生活安全、地域、捜査、交通、警備、鑑識など
●術科など/柔道、剣道、逮捕術、拳銃、救急法、体育など
●その他/実務研修、各種行事
クラブ活動 ●文化クラブ/手話、華道、書道、絵画、詩吟、茶道、園芸、英会話、北京語
●体育クラブ/柔道、剣道、ソフトボール、バレーボール、バスケットボール、サッカー、バドミントン、卓球、水泳

厳しさは愛情の裏返し。
法の執行者として
正しく育ってほしい。
警察学校では、悪に怯まず対峙する「警察官魂」と、法の執行者としての正しい知識や倫理観、気力・体力を育むための教養訓練を行います。
訓練は厳しいですが、それは、県民の期待と信頼に応える一人前の警察官になってもらうため。
警察学校での生活を通じて、悪に怯まない強さと、県民の心に寄り添える優しさを持った警察官を育むことが私の使命だと思っています。
「この街を守りたい!」という熱意を持っている方は、ぜひ警察官を目指してください。
早く一人前の警察官に。
そのための自己鍛錬に
努めています。
私は、飲酒運転の事故で身内を亡くしました。
そんな悲惨な事故を繰り返さないためにも、交通課に入り、飲酒運転の撲滅に貢献したいと考えています。
その目標を実現するために、まずは警察学校で自己の向上に励んでいます。
「いつも心に制服を」という教官の言葉を胸に、24時間常に警察官であることを心掛けて行動するようにしています。
同期生は一生の財産。
自己の成長を
日々実感しています。
学生時代にずっと運動をやってきましたが、警察学校の厳しさは自分の想像以上でした。
柔道、剣道、逮捕術のトレーニング、その他の警察官として必要な法律などの勉学との両立は本当につらかったのですが、同期の皆がいたから乗り越えられたと思います。精神的な励まし合いも含めて、仲間と協力する大切さを身をもって学ぶとともに、自己の成長を日々実感しています。
自分のためより、誰かのために。
人から頼られる
女性警察官になりたい。
東日本大震災の際、交番勤務の警察官が迅速的確に避難誘導をして、多くの人命を助けたということを知り、警察官という仕事に憧れを抱きました。
警察学校は厳しいところですが、教官から「あなたは自分が思っているほど弱くない。もっとやれるよ」という言葉をかけられ、自分に自信が持てました。
これからも自分を磨き続け、強くて優しい女性警察官になりたいです。