本文へジャンプ

福岡県警察

 このホームページについて セキュリティポリシー サイトマップ
  翻訳(EnglishKoreanChinese
文字のサイズ
縮小標準拡大
サイト内検索

現在位置:HOMEから停止処分者講習について

停止処分者講習について

停止処分者講習とは

  交通事故又は交通違反により運転免許の停止処分等を受けた者に対する講習で、自動車の
運転に関する危険性の高い運転者を再教育し、安全な運転者に育成するための講習です。

※ 停止処分者講習の受講は任意です。運転免許の停止等の処分期間を短縮させる必要がな
 い方は受講する必要がありません。

講習の対象者

〇 運転免許の停止処分を受けた者
〇 運転免許の保留処分を受けた者
〇 6か月を超えない期間の運転の禁止処分を受けた者

※ 停止等の処分の基準を知りたい方は、ここをクリックしてください。

講習の種別と講習日数・講習時間

〇 短期講習【1日間・ 6時間】 … 停止等の期間が40日未満の者に対する講習
〇 中期講習【2日間・10時間】 … 停止等の期間が40日以上90日未満の者に対する講習
〇 長期講習【2日間・12時間】 … 停止等の期間が90日以上180日未満の者に対する講習

講習の受講場所

〇 筑豊自動車運転免許試験場(飯塚市鶴三緒1518-1)
〇 筑後自動車運転免許試験場(筑後市大字久富1135-2)

講習の受講方法

停止処分者講習を受講する場合は、事前の予約が必要になります。
詳しくは、下記のとおりです。
 〇  短期講習
     公安委員会から郵送された出頭通知書に記載されている予約先に事前に電話し、講習の
   予約手続きをした後、講習を受講する自動車運転免許試験場に出頭してください。
    停止等の処分後に講習の受付をしますので、下記受付時間に間に合うよう来場してくださ
   い。
 〇  中期講習及び長期講習
     公安委員会から郵送された出頭通知書に記載されている出頭指定日に指定された自動車
   運転免許試験場へ出頭してください。
        停止等の処分後に、電話で講習の予約手続きをしてください。
  ※  詳しくは、処分時に係員が案内します。

講習の受付時間

午前8時30分から午前8時50分までの間

講習に必要なもの、服装

〇 出頭通知書
〇 運転免許証
〇 講習手数料
〇 印鑑
〇 ボールペン
〇 運転に適した服装
〇 中期講習及び長期講習の受講者は写真(3cm×2.4cm、無帽、無背景で6か月以内撮影分)

講習の内容

〇 座学(安全運転の知識・道路交通法令等)
〇 運転適性についての診断と指導
〇 考査

講習手数料

〇 短期講習 ~ 12,600円 
〇 中期講習 ~ 21,000円
〇 長期講習 ~ 25,200円

講習の効果

考査の結果により、免許の停止等の期間が短縮されます。

聴覚に障がいがある方へ

聴覚に障がいがあり、講習内容を聞き取りにくい方は、事前に担当係へお問い合わせください。

その他

〇 講習中の居眠りや講習の妨げになる行為をした場合は、考査の結果にかかわらず、免許の
 停止等の期間は短縮されません。
〇 違反者講習の対象になった方が違反者講習を受講しなかった場合は、停止処分者講習を
 受講することができません。
〇 来場の際は、公共交通機関を利用してください。
 ※ 短期講習を受講される方について、考査の結果により最大の短縮効果を得られたときでも
   受講日当日は運転することができません。


〇 講習に関する問い合わせ先
   福岡県警察本部交通部運転免許試験課 安全運転学校
     電話番号 : 0948-26-3149
     問い合わせ時間 : 平日の午前8時30分~午後4時30分まで

〇 停止等の処分(出頭通知書)に関する問い合わせ先
   福岡県警察本部交通部運転免許管理課
    電話番号 : 092-641-4141
    問い合わせ時間 : 平日の午前9時00分~午後5時45分まで


前ページに戻る

Copyright (C) 2010 Fukuoka Prefectural Police. All Rights Reserved