本文へジャンプ

福岡県警察

 このホームページについて セキュリティポリシー サイトマップ
  翻訳(EnglishKoreanChinese
文字のサイズ
縮小標準拡大
サイト内検索

現在位置:HOMEの中の各種手続コーナーの中の交通に関する手続きの中の運転免許に関することから飲酒運転を理由とした取消処分者を対象とする講習(飲酒取消処分者講習)について

飲酒運転を理由とした取消処分者を対象とする講習(飲酒取消処分者講習)について


1 飲酒取消処分者講習とは

  取消処分者講習のうち、運転免許の取消処分等の中に、飲酒運転の法令違反がある方を対象とする講習で
  す。
  ※ 取消処分者講習とは
    運転免許の取消処分等を受けた方や運転免許が失効したため取消処分等を受けなかった方が、運転免許
   を取得する際に受講しなければならない講習のことです。
        詳しくは、ココをクリックしてください。

2 受講対象者

  下記の理由により、運転免許の取消処分等を受けた方や運転免許が失効したため取消処分等を受けなかっ
 た方で、再び運転免許を取得しようとする方
 〇 取消処分等の累積点数の中に、飲酒運転による法令違反が含まれている方
 〇 無免許で飲酒運転の法令違反がある方

3 実施場所

  「取消処分者講習」の受講場所(実施機関)で実施しています。

4 講習カリキュラム

 講習期間は2日間です。ただし、第1日目を受講後、30日を経過した日以降に第2日目を受講することになり
ます。 
① 第1日目(7時間)
   運転適性検査、性格と運転の概説、実車講習等に加え、次の講習科目を行います。
        〇 呼気検査
       呼気検査機を使用して呼気検査を行います
     〇 オーディット(アルコールスクリーニングテスト)
       飲酒に関する簡単な質問についての回答結果により、個別に飲酒行動の改善のための指導を行い
     ます。
     〇 ブリーフ・インターベンション(1回目)
       お酒の飲み方を振り返りながら、今後の飲酒に関する目標設定を行います。
     〇 飲酒日記の作成
       次回の講習(第2日目)までの30日間、ブリーフ・インターベンションで設定した飲酒に関する目標に
     向けて飲酒日記を作成(記録)していただきます。次回の講習(第2日目)では、この日記を基に、個別
     に応じた指導を行います。
 ② 第2日目(6時間)
    危険予知運転の解説、実車講習等に加え、次の講習科目を行います。
     〇 呼気検査(第1日目と同じ)
     〇 ブリーフ・インターベンション(2回目)
       作成された飲酒・生活日記に基づき、個別に今後の飲酒行動改善のための指導を行います。
     〇 ディスカッション
       受講者同士で飲酒運転をテーマとした討論を行うことにより、飲酒運転の危険性や悪質性の理解を
     深めることで、飲酒運転に対する問題意識を持っていただきます。

【 問い合わせ先 】
 福岡県警察本部交通部運転免許試験課 安全運転学校 
  ・ 電話 0948-26-3149
  ・ 問い合わせ時間など
     平日の午前8時30分から午後4時30分まで
    (土日祝日、年末年始を除きます。) 

飲酒運転の撲滅サイトへ


前ページに戻る

Copyright (C) 2010 Fukuoka Prefectural Police. All Rights Reserved