お父さん、お母さん、チャイルドシートを使っていますか?


守ろう子どもの命、愛がいっぱいチャイルドシート

平成12年4月1日から、自動車の運転者は、チャイルドシートを使用していない6歳未満の幼児を乗車させて自動車を運転してはならないこととなっています。

チャイルドシートの着用が義務化された

チャイルドシートに関するQ&A
質問 答え
チャイルドシートをつけた時、子どもの人数が多いと全員が乗れないのですが? チャイルドシートの取り付けが可能な数だけ取り付けることとなります。
2人目、3人目となると経済的に苦しいのですが? レンタルやリースを利用しましょう。自治体や地域の安全協会、ベビー用品のレンタル会社等へ問い合わせてみましょう。
友達の車に乗るときはどうしたらいいの? 友達の車に乗るとき、または知人の子どもを乗せるときでも必ずチャイルドシートを使用しなければなりません。これは運転者の義務です。
子どもの具合が悪い場合も絶対にチャイルドシートに乗せなくてはいけないの? 負傷や障害があるなど子どもがチャイルドシートを使用することが適当でないときや、急病等で医療機関などへ「緊急に搬送する必要がある」場合は免除されます。
走行中に授乳やおむつを替えたい時は? チャイルドシートに乗せたまま世話ができない場合は、その間の使用は免除されます。しかし、なるべく安全な場所に車を停車させてから世話をしてあげましょう。
 タクシーやバスに乗る時は? 事業用のバス、タクシーに客として乗車する場合は、その使用が免除されます。
5歳から6歳になればシートベルトではだめなのですか? 6歳未満の子どもを乗車させる場合は一定の免除理由に該当する場合を除いては、必ずチャイルドシートを使用しなければなりません。なお、車のシートベルトが使えるのは、身長140センチメートルくらいからですので学童用シートを使用しましょう。
レンタカーでもチャイルドシートがいるの? たとえレンタカーでも使用は免除されていません。大手のレンタカー会社はチャイルドシートを準備していますが、種類や数等にも制限があるので事前に確認をしましょう。

チャイルドシートの使用が免除される場合

 
  1. 疾病のためチャイルドシートを使用することが療養上適当でないとき。
  2. シートベルトがないなど、構造上チャイルドシートを座席に固定できないとき。
  3. 対象幼児の人数分だけチャイルドシートを座席につけると全員が乗車できないとき。
  4. 負傷や障害のためチャイルドシートを使用することができないとき。
  5. 著しい肥満など、身体の状態によりチャイルドシートの着用が困難なとき。
  6. チャイルドシートを使用すると、授乳やおむつ替えなど幼児の世話ができないとき。
  7. 事業所のバス、タクシーが客である幼児を乗せるとき。
  8. 自治体が免許を受けて運行している、いわゆる「過疎バス」に幼児を乗せるとき。
  9. 病気や迷子等、応急の救護の必要から医療機関や官公署等へ緊急に幼児を搬送するとき。

お問合せ先

部署: 福岡県警察本部 交通企画課
電話番号: 092-641-4141
 

PAGE TOP