福岡県警察

 このホームページについて セキュリティポリシー サイトマップ
翻訳(EnglishKoreanChinese
文字のサイズ
縮小標準拡大
サイト内検索

現在位置:HOMEの中の交通情報コーナーの中の交通安全活動に関することの中のその他の交通安全活動から中学生に対する交通安全教育

中学生に対する交通安全教育

タイトルロゴ

 
中学生に対する交通安全教育の目的

 中学生に対する交通安全教育においては、自転車で安全に道路を通行するために必要な技能及び知識を十分に習得させると共に、道路を通行する場合は、思いやりを持って、自己の安全のみならず他の人々の安全も配意できるようにします。

 自転車教室



中学生に対する交通安全教育の内容

矢印基本的な心得

目標


 交通安全に対する意識を高めさせるとともに、道路を通行する場合は、思いやりを持って、自己の安全のみならず他人の人々の安全にも配意することの重要性を理解させます。

内容


交通事故の発生状況

 中学生が当事者の交通事故の発生状況を中心に説明します。自転車の事故が多いことを示し、正しい自転車の乗り方を習得し、実践することの重要性を理解させましょう。


交通安全対策の概要

 交通事故を防止させるために様々な施策が講じられていることを理解させましょう。


交通社会の一員としての自覚

 標識・標示の種類と意味、道路でしてはならないこと等を復習し、交通ルールが定められている理由及び交通ルールを遵守し、交通マナーを実践することの重要性を話し合いで考えさせることによって、一人一人が交通ルールを遵守し、交通マナーを実践する必要性があることを理解させましょう。
 道路を通行するときは、思いやりを持って、自己の安全のみならず他の人々の安全にも配慮することが重要であることを指導しましょう。


交通事故の責任

 交通事故の責任 ・民事上、刑事上及び行政上の責任に関する基本的な事項を理解させます。
~自転車と歩行者の事故で、数千万円の損害賠償を請求されている実例など
 交通事故によって当事者の家族、友人等が受ける影響の重大さを理解させ、交通事故が当事者だけの問題でないことを理解させましょう。


交通安全活動への参加

 各種活動の実例を紹介し、これらの活動において中学生の果たし得る役割を考えさせるとともに、このような活動への参加を促しましょう。

女学生 

矢印歩行者の心得

目標


 歩行者として遵守すべき交通ルールを再確認させるとともに、思いやりを持ち、自己の安全のみならず周囲の人への迷惑にならないことも配意して安全に道路を通行できるようにします。さらに、道路及び交通の状況に応じて、道路における危険を予測し、これを回避して安全に道路を通行できるようにします。

内容


交通ルールの遵守及び交通マナーの実践

 歩行者の通る所、道路の横断の仕方、踏切の通り方について再確認すると共に、事故の実例を挙げてその発生原因について話し合いをさせ、歩行者として遵守すべき交通ルール及び実践すべき交通マナーを考えさせましょう。


道路の状況に応じた危険の予測と回避

 狭い道路、勾配の急な坂道、急なカーブ、見通しのきかない交差点などのさまざまな道路において、危険を予測しこれを回避して安全に通行できるよう指導しましょう。


幼児、児童、高齢者および身体の不自由な人の安全

 幼児、児童、高齢の方々が交差点等の危険な所で困っているのを見た場合は、安全に通行できるように手を貸すなど、自ら進んで保護するよう指導しましょう。

 自転車

矢印自転車利用者の心得

目標


 自転車を安全に利用することの必要性を自覚させ、正しい乗り方を確実に実践できるようにします。

内容


自転車の正しい乗り方の実践

 中学生が当事者である交通事故の発生原因を交通事故の実例を挙げて説明し、交通ルールを遵守しなかった場合の危険性について理解させましょう。
 自転車の正しい乗り方について、交差点の通行の方法等を再確認させ、確実に実践できるように指導しましょう。とくに体格に合わない自転車に乗ること、傘さし、二人乗り走行することの危険性を考えさせ、これらが交通事故の発生原因となることを理解させましょう。


自転車の点検整備

 自転車の点検整備 及び点検整備を行なわないで自転車に乗ることの危険性を説明し、確実に点検できるように指導しましょう。

二人乗り 

矢印自動車等に関して知っておくべき事項

目標


 自動車の特性に関し理解を深めさせることにより、自動車の動きを予測し、危険を回避できるようにするとともに自動車に安全に乗車できるようにします。運転者前教育として運転免許制度を理解させます。交通事故に遭った場合、適切に対応できるよう応急救護措置等を習得させます。

内容


自動車等の特性

 自動車等の速度と制動距離の関係、死角、内輪差など車の特性について理解させるとともに、これらの特性に起因する交通事故の実例などを用いて、安全な歩き方や自転車の安全な乗り方を話し合いさせ実践できるように指導しましょう。


シートベルトの着用

 交通事故が発生した場合のシートベルトの被害軽減効果を理解させ、正しく着用するように指導しましょう。


将来の運転者としての心得

 運転免許制度の意義や取得方法等を理解させます。
暴走行為、騒音運転、無免許運転等の反社会性、危険性、罰則等について説明し、将来の運転者としての自覚を持たせましょう。

シートベルト 

矢印交通事故の場合の措置

目標


 交通事故に遭った場合適切に対処できるように、応急救護処置等の必要な措置を習得させること。

内容


交通事故に遭った場合の対応

 交通事故に遭った場合は、警察や保護者への連絡、負傷者がいる場合は救急隊への連絡を行うこと
外傷がなくても強い衝撃を受けた場合は医師の診断を受けること
普段から持ち物に氏名、連絡先、血液型等を記入すること
を再確認させるとともに、交通事故がさらに発生しないよう車を安全な場所に移動する措置をとるよう指導しましょう。


応急救護措置の必要性とその手順

 交通事故が発生した場合、その交通事故の当事者である運転者および乗務員は、負傷者に対して可能な応急措置を行わなければならないことを理解させ、処置の基本的な手順を習得させましょう。

 受話器

中学生に対する交通安全教育を
実施するに当たって配慮すべき事項

矢印指導者の基本的な心構え

 幼少の時期から本格的な青年期に移行する過渡期にあり、なお成長の途上にあることを考慮して教育の内容と方法を中学生の関心及び理解力を踏まえたものとする必要があります。
 中学生に地域の交通の状況の実態調査等を事前に行わせ、交通安全教育を行う際に調査結果を発表させるなど、受講者が自主的に技能及び知識を習得し、道路交通の安全を確保しようとする意識を高めることができるようにしましょう。

矢印計画的な教育の実施

 計画的かつ継続的に交通安全教育を実施しましょう。

矢印適切な教育手法の選定

 問題意識を高め、学習目標を明確に理解させるためには、中学生の道路の通行の態様に関連した交通事故統計、身近な交通事故の実例等を用いるなどの工夫をすることが重要です。

矢印保護者との連携

 保護者に対する啓発用の資料を配付し、日常生活において交通安全教育を実施するように働きかけるなど、連携を図るように努めましょう。


中学生の特性


○ 自己概念の著しい発達の時期であり、情緒が不安定になりがちである。

○ 独立心が高まり、集団への関心や適応も進み、特に「仲間集団」からの影響が増大する。
 ~自分一人の安全でなく、広く学校全体や地域社会の安全に対しても積極的な意欲を育成させる好機である。

○ 道徳、規範意識の発達においても、自立の変化がみられる。
 ~安全のマナー等を理解しても、実際の行動とのずれが問題になる時期である

○ 身体的にも充実期を迎え、年間発育量は一つのピークを示す。


お問せ先

部署: 福岡県警察本部 交通企画課
電話番号: 092-641-4141

前ページに戻る

Copyright (C) 2010 Fukuoka Prefectural Police. All Rights Reserved