福岡県警察

 このホームページについて セキュリティポリシー サイトマップ
翻訳(EnglishKoreanChinese
文字のサイズ
縮小標準拡大
サイト内検索

現在位置:HOMEの中の交通情報コーナーの中のその他のお知らせからいわゆる「電動キックボード」、「電動スクーター」について

いわゆる「電動キックボード」、「電動スクーター」について

 いわゆる「電動キックボード」(座席が取り付けられているものは、「電動スクーター」と呼ばれる場合もあります。)については、道路運送車両法上の原動機付自転車に当たると解され、道路運送車両の保安基準に適合し、かつ、自賠責保険に加入しているものでなければ、道路を走行できません。
 また、市町村の条例で定めるところにより、軽自動車税を納付し、納付時に交付されるナンバープレートを取り付けなければなりません。
 道路交通法上も原動機付自転車に該当すると解され、運転免許なしに運転することはできず、車道の通行、ヘルメットの着用などの原動機付自転車としての通行方法に従う必要があります。

道路運送車両法上の取扱い

 0.60キロワット(600ワット)以下の電動式のモーターにより走行する「電動キックボード」・「電動スクーター」については、道路運送車両法上の原動機付自転車に該当すると解されます。よって、前照灯、番号灯、方向指示器等の構造及び装置について、「道路運送車両の保安基準」に適合していなければ、運行の用に供することができません。この保安基準に適合しないものを運転した場合には、道路交通法第62条違反となります。(3月以下の懲役又は5万円以下の罰金)

自動車損害賠償保障法上の取扱い

 道路運送車両法上の原動機付自転車は、自動車損害賠償保障法に規定する自動車損害賠償責任保険又は自動車損害賠償責任共済の契約が締結されていなければ、運行の用に供することができません。(無保険運行:1年以下の懲役又は50万円以下の罰金)

市町村の条例上の取扱い

 道路運送車両法上の原動機付自転車の所有者は、地方税法に規定する軽自動車税(市町村税)を納付する義務があります。そして、市町村の条例では、軽自動車税の納付の際に市町村から交付される標識(ナンバープレート)を取り付けなければならないとされています。

道路交通法上の取扱い

 道路交通法では、「電動キックボード」・「電動スクーター」は、第2条第1項第10号にいう「内閣府令で定める大きさ(0.60キロワット)以下の定格出力を有する原動機を用い、かつ、レール又は架線によらないで運転する車」であること、また「自転車・身体障害者用の車いす・歩行補助車等」には該当しないことから、道路交通法上の原動機付自転車に該当することになります。従って、原動機付自転車を運転することができる運転免許を受けないで運転することはできず、道路においては、車道の通行、ヘルメットの着用などの原動機付自転車の通行方法に従う必要があります。


お問せ先

部署: 福岡県警察本部 交通企画課
電話番号: 092-641-4141

前ページに戻る

Copyright (C) 2010 Fukuoka Prefectural Police. All Rights Reserved