署長の部屋 第4回 5月からの若松警察署の活動について

 皆さんこんにちは。若松警察署長の磯辺芳文です。
 もうすぐ若松警察署に着任して3ヶ月が経とうとしています。休日は、ジョギングやウォーキングをしながら、神社への神頼みを行い、また、かっぱの里や海と大地で特産品や花を購入しています。自炊の腕も大分上がりました。冷蔵庫には水切りトマトとキャベツ、それに、あかもくも貯蔵しています。
 それでは、GW明けの5月上旬から、この1ヶ月の若松警察署の活動等について皆様にお知らせさせていただきます。
 5月10日は、二島西公園で、交通安全推進のための第11回グランドゴルフ交歓大会が行われました。この大会、若松警察署長杯の冠がついており、びっくりしましたが、約200名の参加者の中、女性の方が優勝され、大きな優勝カップと副賞のお米を獲得されました。高齢者の皆さんにパワーをいただいた大会でした。また、同日は、午後から少年の健全育成のための若松警察署少年補導員連絡会総会が行われ、長年少年補導ボランティアとして活動していただいている方に感謝状をお渡しするとともに、課長をはじめとする、当署少年係員の色濃いキャラクターも披露いたしました。
 13日は、感謝状の贈呈と安全・安心メッセージ発信のため若松区のコミュニティーFM局「エアーステーションひびき」にお伺いしました。同局は当署と5年前から協定を結び、若松区の安全安心の確保に貢献して下さっています。社長以下スタッフの方も非常に魅力的な方ばかりで気持ちの良い空間でした。私のラジオ生放送初出演も冷や汗をかきまくり、かみまくりましたが約30分間、優しいPSさんのお陰で、何とかメッセージを発信することができました。皆さんも若松で快適にすごすために、「ひとと、人とを結びまちにひびくラジオ」を聞かれてみてはいかがでしょうか。
 5月11日から20日までの間、春の交通安全県民運動が実施されました。運動期間中、交通安全のため、様々なイベントを開催しました。また、毎日、多くのボランティアの方に横断歩道等の子どもの通学路に立っていただきました。署員には、自治連合会会長のご意見を受け、改めてボランティアの方へ、「お疲れ様です、ありがとうございます。」と感謝の言葉を伝えることを示達しました。今後もボランティアの方へ感謝の念を抱きつつ、声をかけさせていただきながら、各種活動を行っていきたいと思います。
 5月15日、20日、31日には、それぞれ若松区の交通安全推進協議会、暴力追放推進協議会、防犯協会連合会の総会が行われました。若松区の安全安心の確保のため、大勢の熱い方が関わっていることを実感しました。
 そして、ついに警察署協議会の新しい委員が決まりました。わが母校北九州市立大学のアン・クレシーニ准教授です。講義やPTA活動、執筆、TV番組出演等で大変多忙なアン先生は、非常にチャーミングで前向きな方で、話をしていると自然に元気になります。是非、協議会で活発なご意見を頂きたいと思います。6月3日には、署員にも元気を分けていただこうと、アン先生に「お互いを理解しようとすることに大切さ」をテーマに講話をお願いしました。和製英語の持つ意味やそれぞれが持つ世界観を理解しあうことで、豊かな関係性を築くことができるという指摘は大変奥深いものでした。
 最後に私事で恐縮ですが、休日を利用して、来年80歳になる母親に大分県臼杵市の実家から若松に来てもらいました。母親は足が悪いため、原則、管内か出られない私に代わって、妻が臼杵まで、車で送り迎えをしてくれました(妻に感謝です)。かっぱの里、南海岸、海と大地、グリーンパーク等を案内しました。母親も嬉しそうでしたので、少しは親孝行になったのかなと思います。
 梅雨のじめじめした季節になりますが、あじさいが綺麗に咲いており、見る人の目を和ませてくれていますね。いよいよ今週末はG20福岡警備本番です。6月8日(土)、6月9日(日)の福岡市内は大規模な検問や交通規制が行われますので、公共機関をご利用ください。 

 これからも若松警察署は、しっかりと署員でスクラムを組み、若松区の安全・安心の確保のため、トライし続けます。
 
5月31日(金)に東二島で開催されたホタル観賞会に当署員が参加させていただきました

6月2日(日)岩屋海岸で開催されたラブアース・クリーンアップ2019に当署員が参加させていただきました。











   

PAGE TOP