本文へジャンプ
キッズコーナー

福岡県警察

 このホームページについて セキュリティポリシー サイトマップ
翻訳(EnglishKoreanChinese
文字のサイズ
縮小標準拡大
サイト内検索
現在位置:HOMEから新若松警察署の沿革など
 若松警察署の沿革


  明治31年~昭和8年

             昭和8年~平成7年

          平成7年~ (現庁舎)

 明治10年6月 2日 「芦屋警察署若松分署」として発足       
 明治22年5月22日    「若松警察署」と改称
 明治31年6月15日 若松町修多羅(現・若松区修多羅)に庁舎を新築移転
 昭和 8年6月12日 若松市桜町(現・若松区桜町)に庁舎を新築移転
 平成 7年1月30日 . 若松区大字藤ノ木(現・若松区くきのうみ中央)に庁舎を新築移転 .   


 管轄区域

   若松警察署は、北九州市の若松区を管轄する警察署です。

   若松区は旧来、日本一の石炭積出港として栄えてきました。
 
    昭和37年に「若戸大橋」が完成し、翌年北九州市が誕生
  後、響灘地区を埋め立て、一大工業地帯が形成されました。

  近年では、「北九州学術研究都市」「エコタウン事業」等大型
  プロジェクトの開発が進められるとともに、平成24年に「若戸ト
  ンネル」が開通するなど、地区の活性化や利便性が図られて
  います。








前ページに戻る

Copyright (C) 2010 Fukuoka Prefectural Police. All Rights Reserved