乱横断(らんおうだん)に対する指導・警告活動の強化について

乱横断は危険です!

乱横断とは、横断歩道以外の車道を、危険な方法で横断する行為のことです。

乱横断の一例についてご紹介します。


  ・歩行者用信号がある場所での信号無視

  ・車両が通過する直前・直後での横断

  ・横断歩道付近での、横断歩道外の横断

  ・停車車両の隙間からの横断

  ・斜め横断

等が挙げられ、交通事故の場合は、歩行者も罰せられることがあります。

指導・警告活動の強化


折尾警察署では、道路を乱横断する歩行者に対して、指導・警告活動を強化しています。


横断歩道を渡りましょう!

横断歩道が近くにない場所でも、正しい方法で、かつ周囲の状況をしっかり確認して、安全な方法で横断しましょう。

反射材を着用しましょう!

特に夜間のお出かけは、反射材を着用して、ドライバーに自分の位置を知らせることで、自分の身は自分で守りましょう。


マナーを守って、交通事故のない街を目指しましょう。

折尾警察署 交通第一課

お問合せ先

部署: 福岡県 折尾警察署
電話番号: 093-691-0110
 

PAGE TOP