平成29年福岡県警察運営指針等について


 福岡県警察では、県民の皆様の安全で安心な暮らしを守るため、毎年、福岡県公安委員会が定める一年間の方向性を示す福岡県警察運営指針等に基づいて、各種の治安対策を進めています。

 平成28年は、昨年に引き続き、工藤會による凶悪事件を始めとする暴力団犯罪に対する取締りを徹底したほか、刑法犯認知件数が戦後最少ペースで推移するなど、着実に成果を示しているところです。
 しかし、県内には国内最多の5つの指定暴力団が未だに存在し、飲酒運転による交通事故や性犯罪認知件数が高水準で推移していることに加え、依然として予断を許さないニセ電話詐欺の発生やサイバー空間の脅威の現実化などの治安上の課題もあります。 

 このような状況を踏まえ、平成29年も、平成28年に引き続き、福岡県警察の運営指針として「県民の安全・安心の確保」を掲げ、三大重点目標や6項目の重点目標についても継続していくことが、福岡県公安委員会で決定されました。

 福岡県警察では、この運営指針等に基づき、日々発生する事件や交通事故に対しては、迅速・的確に対応して早期に解決することはもとより、県民の皆様が被害に遭うことのないよう、地域住民や関係機関の方々と連携して発生を未然に防止するため、全力を挙げ組織一丸となって取り組んでまいりますので、今後とも御理解と御協力をお願いします。




関連資料

    平成29年福岡県警察運営指針等について (300kbyte)pdf