本文へジャンプ
キッズコーナー

福岡県警察

 このホームページについて セキュリティポリシー サイトマップ
翻訳(EnglishKoreanChinese
文字のサイズ
縮小標準拡大
サイト内検索
現在位置:HOMEから台風災害を防ぐには
暴力団対策ページに移動します
街頭犯罪のページに移動します
交通事故の発生状況が分かります
犯人を検挙した事件の閲覧ができます
配信メールの登録や閲覧ができます
免許の更新や記載内容の変更についてのページです
 
警察官採用案内のページに移動します
落し物や拾い物の検索ができます

台風災害を防ぐには
1 台風が来る前に
  台風が接近しているときに屋外に出るのは大変危険です。
  気象情報を利用して台風が来る前に対策をとりましょう。
 ○ 家の外の備え
  ・ 窓や雨戸はしっかりとカギをかけ、必要ならば外から桟を打ち付け
    補強しましょう。
  ・ 側溝や排水口は掃除して水はけを良くしておきましょう。
  ・ 風で飛ばされそうな物は、飛ばないように固定するか、家の中へ
    格納しましょう。
 ○ 家の中の備え
  ・ 懐中電灯、携帯ラジオ(乾電池)、救急薬品、衣類、貴重品、非常用食料等
    を準備しておきましょう。
  ・ ガラス窓が割れたときの飛散を防ぐためにガラス窓にテープを貼ったり、
    万が一の飛来物の飛び込みに備えてカーテンやブラインドを降ろして
    おきましょう。
  ・ 断水に備えて飲料水を確保するほか、浴槽に水を張るなどして生活用水を
    確保しておきましょう。
 ○ 避難場所の確認
     学校や公民館等、避難場所として指定されている場所への避難経路を
    確認しておきましょう。
2 台風が接近しているとき
 ○ 台風情報(注意報・警報)に注意
     テレビ・ラジオからの最新の台風情報(注意報・警報)を入手しましょう。
 ○ 危険な場所に近づかない
  ・ 増水した小川や側溝、崖崩れが起こりやすい場所等にむやみに近づかないようにしましょう。
  ・ 高架下など、冠水しやすい場所を通行しないようにしましょう。
  ・ 屋根にあがっての作業は危険ですので、絶対にやめましょう。
 ○ 避難準備
     避難勧告が出てからあわてないように、避難場所までの経路や避難指示の伝達方法・隣近所との
    協力体制等について確認しておきましょう。
3 危険が迫ったら
 ○ 避難
  ・ 危険を感じたり、避難の指示があったら、すばやく避難しましょう。
  ・ 避難の前に、必ず火の始末をしましょう。
  ・ 避難の際は、持ち物は最小限にし、背中に背負うなど、とっさに両手が
   自由に使えるようにしておきましょう。
 ○ 避難場所では
  ・ 自分勝手な判断や行動をせず、避難場所でのルールを守りましょう
  ・ 引き続き、台風に関する情報(注意報・警報)に注意しましょう。

「警備課からのお知らせ」ページへ

宗像署トップページへ
前ページに戻る

Copyright (C) 2010 Fukuoka Prefectural Police. All Rights Reserved