福岡県警察

 このホームページについて セキュリティポリシー サイトマップ
翻訳(EnglishKoreanChinese
文字のサイズ
縮小標準拡大
サイト内検索

現在位置:HOMEの中のあなたの街の警察署の中の小郡警察署からDV事案・ストーカー事案の対応と相談について

DV事案・ストーカー事案等の対応と相談について


DV事案

「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」(以下「DV防止法」という。)があります。
 DV防止法は、平成13年10月に施行され、改正法が平成20年1月11日に施行されています。
 この法律では、配偶者からの暴力も犯罪になる行為であると明記し、都道府県や市町村による「配偶者暴力相談支援センター」の設置、裁判所による保護命令制度の導入、被害者を発見した場合の通報義務などを定めています。
 また、被害者を女性に限定していませんが、被害者の多くが女性であることから、女性に対する暴力を意識した内容となっています。

DV防止法に定める「配偶者からの暴力」
 DV防止法は、平成13年10月に施行され、改正法が平成20年1月11日に施行されています。
 この法律では、配偶者からの暴力も犯罪になる行為であると明記し、都道府県や市町村による「配偶者暴力相談支援センター」の設置、裁判所による保護命令制度の導入、被害者を発見した場合の通報義務などを定めています。
 また、被害者を女性に限定していませんが、被害者の多くが女性であることから、女性に対する暴力を意識した内容となっています。

DV防止法に定める保護命令制度

◎ DVの被害者が裁判所に申立てを行い、裁判所が被害者の保護が必要と認めた場合、加害者に対して
  以下の命令を発出します。

被害者への接近禁止命令
 加害者が被害者の身辺につきまとっとたり、被害者の住居等の付近をはいかいすることを禁止する命令(期間は6か月間)
被害者の子又は親族等への接近禁止命令
 被害者の子又は親族等の身辺につきまとっとたり、子又は親族等の住居等の付近をはいかいすることを禁止する命令(期間は6か月間)
電話等禁止命令
 被害者に対する一定の電話・電子メール等を禁止する命令(期間は6か月間)
退去命令
 加害者に、被害者と共に住む住居から退去する命令(期間は2か月間)

※ 保護命令に違反した者は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられます。

配偶者から暴力を受けた場合は早めの相談を!
配偶者から暴力を受けているにもかかわらず、
      ●「逃げたら殺されるかも知れない」という恐怖感
      ●「何をやっても加害者から離れられない」という無気力感
      ●「いつか変わってくれるのではないか」という期待感
から相談しないでいると、暴力がエスカレートし、殺人など凶悪な犯罪に発展するおそれがあります。
 一人で悩まず、早めに警察や女性相談所に相談しましょう。
 自分だけで考えるよりも、何かもっと良い解決方法が見つかるはずです。
☆ 相談窓口
 ◎ 最寄りの警察署や警察本部警察安全相談コーナー
    ℡ #9110 又は 092-641-4141
 ◎ 福岡県女性相談所
    ℡ 092-711-9874 

福岡県警察本部のホームページに
配偶者暴力(DV)防止リーフレットを掲載しています
(ここをクリックしてください。)


ストーカー事案

ストーカー被害の相談は、まず警察へ!
 ストーカーは、あなたが交際を強く拒否しても、あなたの気持ちを全く尊重せず、ただ「あなたを自分のものにしたい、自分の思いどおりにしたい。」などという自分勝手な要求を満たすために、監視やつきまとい行為などを行います。
 また、ストーカー行為は次第にその行為がエスカレートして、凶悪な犯罪に発展するおそれがあり、これらの犯罪による被害の発生を未然に防止するためにも、早期に防犯対策をとる必要があります。
 このような悩みは誰にでも起こる可能性があり、自分が我慢すればいいといった誤った考えは避け、ストーカー被害に関する悩みごとは、あなたの住まいを管轄する交番又は警察署へ相談してください。  
☆ 相談窓口
 ◎ 最寄りの警察署や警察本部警察安全相談コーナー
    ℡ #9110 又は 092-641-4141
 

福岡県警察本部のホームページに
「ストーカー被害を防止するために」を掲載しています
(ここをクリックしてください。)



お問せ先

部署: 福岡県 小郡警察署
電話番号: 0942-73-0110

前ページに戻る

Copyright (C) 2010 Fukuoka Prefectural Police. All Rights Reserved