福岡県警察

 このホームページについて セキュリティポリシー サイトマップ
翻訳(EnglishKoreanChinese
文字のサイズ
縮小標準拡大
サイト内検索

現在位置:HOMEの中の暴力団総合対策の中の各警察署の活動状況から暴排・暴追活動の紹介

暴力団排除・追放活動の紹介

 
  県内では、暴力団排除の気運を醸成するため、警察・行政・事業者・県民が一体となった暴力団排除・追放活動が数多く行われています。

暴排サミット

組織犯罪対策課

公共工事からの暴力団排除対策連絡会議
(公共工事暴排サミット)
(平成27年10月22日)

 北九州市内において、公共工事からの暴力団排除連絡会議(公共工事暴排サミット)を開催しました。
 会議では、公共工事からの暴力団排除のため、県警察、公共工事発注者及び受注者の代表者等約120人が一堂に会し、三者が連携した取組の強化を図ることについて確認しました。


直方署 地域決起会議

直方警察署

暴力団追放!地域決起会議(筑豊地区)
(平成27年10月13日

 直方市において、暴力団追放!地域決起会議(筑豊地区)を開催し、筑豊地区の事業者や住民など約600人が参加しました。
 大会では、暴力団排除教育サポーターが暴力団排除教育の実演を行い、警察による青少年の暴力団加入阻止に向けた取組みについて紹介しました。
 また、大会の最後には、暴力団追放宣言、シュプレヒコールを行い、筑豊地区の暴力追放気運を更に盛り上げました。


中央署 暴力追放福岡市民大会

中央警察署

暴力追放福岡市民大会
(平成27年9月30日)

 福岡市において、第6回暴力追放福岡市民大会を開催し、市民や事業者等約1100人が参加しました。
 大会では、大会宣言、暴力団追放のシュプレヒコールが行われ、暴力団を排除し、安全で安心して暮らせる福岡市の実現に向けた決意をアピールしました。
 また、特別講演として、民事介入暴力に詳しい弁護士による「壊滅する暴力団~暴力団の現状と今後~」と題した講演が行われました。


小倉北 北九州市民暴力追放総決起大会

小倉北警察署

北九州市民暴力追放総決起大会
(平成27年8月18日)

 北九州市において、北九州市民暴力追放総決起大会を開催し、市民、行政、警察関係者ら約2000人が参加しました。
 北九州市では、平成15年に暴追運動に取り組んでいる方が経営する飲食店に工藤會組員が手りゅう弾を投げ込む事件が発生しており、この8月18日を
市条例で「市民暴排の日」と定めています。
 大会では、元日弁連民暴委員長の弁護士による「市民がなすべき暴排活動」と題した記念講演が行われました。
 また、第2部では、工藤會本部事務所周辺で参加者が暴力団追放パレードを行いました。


行橋署 地域決起会議

行橋警察署

暴力団追放!地域決起会議(北九州地区)
(平成27年8月4日)

 行橋市において、暴力団追放!地域決起会議(北九州地区)を開催し、北九州地区の事業者や住民など約600人が参加しました。
 大会では、暴力団排除教育サポーターによる暴力団排除教育の実演、暴力団員の社会復帰支援に詳しい弁護士による「暴力団員ゼロを目指して」と題した講演が行われました。
 大会の最後には、暴力団追放宣言、シュプレヒコールを行い、北九州地区の暴力追放・暴力団排除の気運を更に盛り上げました。


久留米警察署

暴力団追放!地域決起会議(筑後地区)・
久留米市暴力団壊滅市民総決起大会
(平成27年6月1日)

 久留米市において、暴力団を地域社会で孤立させ壊滅に追い込むことを目的に、暴力団追放!地域決起会議(筑後地区)を開催し、筑後地区の自治体や事業所などから約1500人が参加しました。
 大会では、暴力団排除教育サポーターによる暴力団排除教室の実演のほか、暴力団追放に関する大会決議とシュプレヒコールが行われ、参加者全員で暴力団追放に取り組む決意を示しました。



お問せ先

部署: 福岡県警察本部 組織犯罪対策課
電話番号: 092-641-4141

前ページに戻る

Copyright (C) 2010 Fukuoka Prefectural Police. All Rights Reserved